スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのために

『いつしか天は、用意のある人を作り
いざの時、必ず、手を差しのべる』

これは愛読している料理の本に書いてある言葉です。

『料理を作る時には、人の目に触れぬ内心の仕事がある。
これを正直にやる人とやらない人の差は、うさぎと亀』

『いたわらねばならぬ生命への対応は
いつ我が事になるかわからない。
身についたものがなくては、いざの時
意のままにならぬ自分を嘆くことになる』

辰巳芳子さんの
“あなたのために―いのちを支えるスープ”
には、料理本の域を超えたような
ハッとする言葉がたくさんあります。






『「おつゆー露」いつ、どなたがこの言葉を
使いはじめられたか、知るよしもありませんが、
露が降り、ものみな生き返るさまと重ねてあります。
私たちの先祖方の自然観と表現力をたたえ
この美しい言葉を心深く使ってゆきたいと思うのです』


考え方が勉強になるのはもちろんですが
なにより、掲載されているスープのおいしいこと!!!

ふだんも好きですが
特に、疲れた時や体調が悪い時などに飲むと
体の隅々に命のしずくが染み渡っていくのを感じます。

辰巳さんがお父様を介護していた時に
少しでも命の源になるようにと
祈りをこめて考えられたレシピだそうです。


『人が生を受け、いのちを全うするまで
特に終わりを安らかにゆかしめる一助となるのは
おつゆものと、スープであると確信しております』

『家庭生活の愛と平和を
おつゆもの、スープが
何気なく、あたたかく
守り育ててくれますように』

愛に満ちた一冊。
ぜひ一度ご覧ください。


※辰巳さんの本はもう一冊
 “慎みを食卓に”も持ってます。
 こちらもハッとします(笑)
 いつかまたご紹介しますね♪


スポンサーサイト

theme : 食べ物
genre : ライフ

comment

Secret

No title

食事って、生活の、生命の源だもんね。

食べるほうはよく「感謝して・・・・・・・・」
っていうけど、
作るほうも、愛情を持って作らないと、意味ないんだよね。

わたしも、お料理苦手だけど、がんばろう。

No title

味って、数値化して測れるものじゃないし

気持ちをこめた事による
感覚(?)の効果って、ぜったいあると思うんですよね~。

お母さんのカレーとかって
市販のルーでもなぜか美味しいですよね♪
プロフィール

みき2号

Author:みき2号
声が変だとよく言われますが、画面でお伝えできないのが残念です。
手足が小さく、靴のサイズは21.5です。

最新記事
おすすめサイトへGO♪
写真素材 PIXTA 東急ハンズのネット通販「ハンズネット」 お菓子材料の店 クオカ cuoca デコレーションマフィン MoMAstore amadana(アマダナ) センプレ Cassina ixc. Design store(株式会社カッシーナ・イクスシー) THE BODY SHOP  iTunes Music Store(Japan) ムトウ ヤマギワ オンラインストア All About スタイルストア ベルメゾンネット 伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」 話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル! DHCオンラインショップ SOHO家具オンラインショップ Garage ブックオフオンライン 日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日プレゼント 花 アフィリエイトならリンクシェア
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。